お問い合わせは随時受け付けております

漢方を武器にする単発講座 
日常の不調から学ぶ漢方基礎シリーズ
冬の養生「閉臓編」

 

更年期のケアは、いつから始める?

女性は、プレ更年期と言われる30代後半から心と身体の変化を感じ始めます。

プレ更年期に感じる変化

  • 疲れやすくなった
  • 太りやすくなった
  • ストレスに弱くなった
  • 体力の低下
  • 月経の出血量が少なくなった
  • 白髪が増えた
  • 肌の乾燥など

 

 

この段階では、女性ホルモンの低下はそれほどではないものの、卵巣機能や代謝系ホルモンの低下で老化のサインが出てきます。

そのため、この段階から正しい知識を知って早めにケアを始めるのが更年期の不調を予防するには大切です。

そして、卵巣機能の低下に伴い女性ホルモンが減少し、閉経を迎えるのが「更年期」

通常、45歳~55歳がそれに当たります。

女性ホルモンのバランスの乱れによって、今までにはなかった急な体調の変化や自分の頭では理由がわからない感情のアップダウンなどを経験する方が増えます。

しかも、女性ホルモンは月経をコントロールしているだけでなく、心と身体の様々な働きに関与しているため、更年期の不調は多岐にわたります。

 

更年期の主な不調

  • 月経周期の乱れ、不正出血
  • ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、多汗)
  • 冷え、むくみ
  • 口の渇き、声がれ
  • 動悸、息切れ、貧血
  • めまい、耳鳴り、倦怠感
  • 高血圧、コレステロール増加、肥満
  • 肩こり、頭痛、関節痛、腰痛
  • 肌の乾燥、しみ、しわ
  • 蕁麻疹、皮膚のかぶれ、敏感肌
  • 抜け毛
  • 頻尿、尿もれ
  • 膣のトラブル
  • 便秘、下痢
  • 気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定
  • 帯状疱疹
  • 不眠など

しかし、同じ年齢でも更年期の不調をほとんど感じないで過ごす人もいれば、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいます。

これは、女性ホルモンの減少が年齢によるものだけでなく、食事を含めた生活習慣、ストレス、環境、人間関係など心の持ち方も大きく影響するからです。

そのため「歳だから」と、更年期の辛い不調を我慢したり、諦める必要はありません!

なぜなら、漢方を武器にすれば、女性ホルモンの乱れによって崩れた心と身体を整えて、本来の力で健康を取り戻す方法がわかるからです。

 

更年期のお客様がこんなお悩みがありませんか?

    • 寝ても疲れがぬけない
    • ホットフラッシュで汗が止まらない
    • 寝つきが悪くなり、夜中に何度も目が覚める
    • イライラや落ち込みなど気分のアップダウンをどうしていいかわからない
    • 過食していないのに体重が落ちない
    • 夜に蕁麻疹が出て痒くて辛い
    • 便秘がちになった
    • 何だか調子が良くない日が続いている
    • 更年期の辛い症状は、時が過ぎるまで我慢するしかないと思っていた

これは、実際に私の個人セッションでお客様からいただいたご相談です。

更年期の心と身体の状態について詳しく聞く機会がないために、知らないことで戸惑う方が多くいます。

知っていれば何てことのない事も、何だかわからない状態が自分の心や身体で起こると、不安でいっぱいになってしまう。

そんな中で私の個人セッョンで、自分の体の状態を知ることで不安がなくなり、何をやったらいいかわかるだけでも、元気が出てくる人もいます。

まさに「心身一如」で、心と身体は密接に繋がっていますね!

 

また、更年期の辛い症状は、時が過ぎるまで我慢するしかないと思っている方も多くいます。

しかし、女性ホルモンの減少は年齢によるものだけでなく、その人の心と身体の使い方が影響するので、漢方を武器にすればその原因がわかります。

もちろん、原因がわかれば、日常の中で整えることができるのが漢方です。

そんなことから身近で相談しやすいセラピストさんや専門家が漢方を武器にして心と身体を整えるサポートをしてほしいと私は願っています!

 

 

不調や病気は、あたりまえだからこそ見えなくなって、いつの間にか自分の思い込みや勘違いからの生活になってしまい、心と身体がバランスを崩してしまう場合が多いです。

あたりまえで見えなくなっているからこそ、お客様自身では気づけない部分を漢方を武器にした専門家がサポートすることが重要です。

 

更年期の不定愁訴は、漢方が特に役立つ

更年期の何となくの不調だったり、検査数値に異常がでない不定愁訴は、西洋医学では経過観察になってしまうことが多い。

しかし、漢方では、数値が異常でなくても、何か不調を感じていれば、身体のバランスの乱れがあり、その原因がハッキリわかります。

つまり、原因がわかるということは、整え方がわかるということです。

これが漢方の武器である「未病を治す」

漢方を武器にすれば、未病の段階から対応する方法がわかり、大きな病気に発展することを予防できます。

 

漢方でエイジングケアに関連が深い冬

自然界では、冬の寒さが来る前に余分なエネルギーを消耗しないように木々が葉を落としたり、動物が巣ごもりできるように冬支度をします。

私たち人も冬を丁寧にセルフケアして養生することは、その時の冷えを改善するだけでなく、自然界でいう「種を守る」=「生命力」を養うこと。

自然界で「種」がしっかりしていれば、翌年もきれいな花が咲きます。

つまり、冬の養生を大切にすることで、私たち人も生命力がアップし、何歳になっても元気で美しく歳を重ねる「エイジングケア」に繋がるというわけです。

そして、漢方では冬という季節は、冷えることで基礎代謝が下がったり、体内の巡りが悪くなり、余分な水分や老廃物を溜めこみやすく、太りやすくなります。

また冬と関連する五臓の「腎」が美肌やコレステロールなどの脂質代謝と関わる女性ホルモンをコントロールしていることから、美容やエイジングケアと関連の深い季節です。

 

「人が美しく見える」とは、自分で自分を知って丁寧に扱える人。

それは、他人と比較したり、多くの情報に翻弄されるのではなく、自分に合った心と身体の整え方を知って実践することです。

そうすることで、その人の生命エネルギーである「氣」がイキイキと溢れ出し、本来の美しさが輝くから外側からもきれいに見えます。

自分で言うのはなんですが、私も年齢より若く見られることが多く、漢方を武器にしている人は、年齢より若く元気な人が多いです!

漢方には昔からいつまでも元気できれいに歳を重ねるエイジングケアの智慧がたくさんあります。

それは、王様や貴族が不老長寿のために、研究された学問だからです。

 

この「閉臓編」の漢方講座は、冬の季節と関連が深い五臓の腎がコントロールしている女性ホルモンの働きに注目し、更年期のさまざまな不調のメカニズムやエイジングケアをお話します。

私が更年期世代ということもあり、私自身の経験や更年期世代のお客様のサポートが多いのでネタが満載です。

今からお伝えするのがとても楽しみでわくわくします!

この講座は、ただ単なる季節の養生だけではなく、女性ホルモンや更年期の不調を題材に漢方の智慧をいろいろな切り口でお話していきます。

なぜならば、漢方の基礎を具体的な不調と絡めて話すことで理解しやすく、実際に使える智慧になりやすいからです。

もちろん、私が得意とする「翻訳」を使ってわかりやすく説明します。

 

あなたも漢方の基礎をブラッシュアップしてお客様の健康をしっかりとサポートしませんか!

もちろん、漢方を武器にして自分自身やご家族のために使いたい方もご参加いただけます。

 

こんなことがわかります

  • 漢方の気血水とは何か
  • 漢方を武器にして健康をサポートする上で大切なこと
  • 女性ホルモンと更年期の関係
  • 氣血水からみた更年期の不調の原因
  • 五臓とエイジングケアの関係
  • 冬に起こりやすい不調のメカニズムと養生
  • 年齢別の冷え対策

 

漢方を武器にする単発講座
日常の不調から学ぶ
冬の養生「閉臓編」の詳細

【日 時】12月1日(木)14:00~15:30

【場 所】オンラインシステムZOOM

【参加料】8,800円 (税込) 

【備 考】受講後、受講者には「セミナー動画」を配信します。

ご参加できなくなった場合は、好きな時間に学べる漢方動画講座として配信します。

当日、ご都合が悪くなった場合は、ご連絡をお願いいたします。

 

漢方を武器にする単発講座

日常の不調から学ぶ

冬の養生「閉臓編」

2022年10月31日

© 2022 すてらす 薬を売らない薬剤師・藤巻祥乃がご案内する漢方というライフスタイル