2022年冬至の漢方養生と自然界からのガイダンス - すてらす 薬を売らない薬剤師・藤巻祥乃がご案内する漢方というライフスタイル

お問い合わせは随時受け付けております

ブログ 冬の養生 自然界からのガイダンス

2022年冬至の漢方養生と自然界からのガイダンス

藤巻
冬至の時期に健やかに豊かに暮らすための漢方の養生をお伝えします。
自然界からのガイダンスとは、メディスンカードを使って私が自然界と対話して受け取ったもので、心を整えるための内観ツールです。

 

冬至の漢方養生

冬至とは、12/22から小寒(1/6)までの期間。

今日は、夜が最も長く、昼が短い日。

漢方の理論である「陰陽五行」では、1年間を陰陽に分けた時、夏至から増えてきた陰の氣が冬至に最大となります。

そして、陰が極まり、陰陽が逆転して今度は来年の夏至に向かって陽の氣が徐々に増えていきます。

これを「陰が極まり、再び陽に戻る」という意味で「一陽来復」といい、新しい年の始まりである来年の立春(2/4)に向けて陽が再び復活する日です。

新しい年に向けて厄払いし、健康で幸福に過ごせるようにと、昔から冬至はゆず湯に入ったり、南瓜を食べます。

 

私たち人も自然界の一部。

この陰陽は私たちの体の中にも存在し、自然界と同じように常に動いていて陰陽のバランスを取っています。

体を温めたり、動かして巡りをよくする「氣」の陽と、身体がほてらないように冷ましたり、心を穏やかに鎮静させる「血」と「水(津液)」の陰です。

 

寒くなると温める情報ばかりを目にしますが、体質や年齢によっては温めすぎると体内の陰が消耗して熱側に傾いてしまうので要注意。

陰が不足すると、体がほてるだけでなく、血の中にも熱が伝わってしまい、不正出血や歯茎の出血なども起こってしまいます。

しかも、体の不調だけでなく、イライラしたり、心がそわそわして不安になり、落ち着かなくなる。

体内にしっかりと陰があるからこそ、ほてらないように冷ませたり、イライラやそわそわする心を落ち着かせることができます。

思い当たる理由もないのに、イライラや不安などの心の不調が出ているのは、もしかしたら陽側に傾いているのが原因かもしれませんよ!

 

一方で、ある体の状態になると、内臓冷えに対して無防備になってしまうことがあります。

内臓が冷えると、さまざまな機能の低下が起こり、多くの不調に発展します。

その体の状態については、詳しくは下記の記事をお読みください。

【関連記事】

漢方を武器にして内臓冷えのトリックを見抜く!

 

体内の陰陽のバランスは、加齢だけでなく、疲れ、ストレス、生活習慣によってもバランスが乱れます。

日々の生活の中で、自分の思い込みやいつの間にかパターン化した生活をしてしまうと、陰陽のバランスが傾いてしまうことが多いです。

そのため、体からのサインをしっかり受け取って、体内の陰陽のバランスがどうなっているのか知ることが大切です。

漢方を武器にすると、そのことができます!

「閉臓編」の動画講座では、漢方を武器にするために冬に起こりやすい不調のメカニズムと養生や年齢別の冷え対策もお話しています。

現在、24名の方にご視聴いただき、嬉しいご感想が届いています。

今、この時期にすぐに役立つ内容なので、動画をみてご自分でも実践して頂けます。

気になる方は、下記からご感想も読めますので詳細をみてください。

好きな時間に学べる漢方動画講座

 

2022年冬至の
自然界からのガイダンス

自然界と繋いでくれたアニマル達

【ホーク(鷹)】【白鳥】【リス】

 

あなたは、日々の中で体からのサインをしっかりと受け取っていますか?

痛みや病気が悪い事だと思い込んでいると、それを招いてしまった自分や状況を裁いてしまいます。

そうすると、あなたに届いている真のメッセージを曇らせてしまう。

病気や痛みは、あなたが周りに合わせ過ぎてしまった生き方を見つめ直すためのお知らせです。

だから、他者を尊重するのと同じように、自分を大切に扱う必要があります。

そうすることで、痛みや病気は、お知らせという役目が終わり、消えていきます。

そして、あなたの内側からの「何か気になる」を億劫がらずに、やってみることです。

それを実践していくうちに、人生が軽やかで幸せに暮らす鍵が見つかります。

 

以上が自然界からのガイダンスです。

ぜひ、次の節気(小寒)まで意識してみてください。

次回の「自然界からのガイダンス」は、1/6(金)小寒にお届けします。

 

漢方を学んだけど、上手く使えないというお話をよく聞きます。

それは、漢方を武器にするための「ある方法」を知らないからです。

漢方薬局で、のべ500人を超える患者さんを治療してきて、独立後1000名以上のお客様をサポートしている薬剤師で国際中医師の藤巻祥乃が発見したその秘密を下記でおしえています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤巻 祥乃

すてらす代表 薬を売らない薬剤師、国際中医師、漢方エッセイストとして活動。講座では、本格的に漢方を学びたい主婦、会社員という一般の方から漢方でお客様の心も体もケアしたいセラピスト、薬剤師、歯科医師などの専門職の方に向けても専門的なアドバイス、サポートをしている。 「難しい漢方用語が翻訳でわかりやすい」「漢方は難しいと思っていたけど、わかり出すと面白くて使える!」というお声をいただいています。個人セッション・講座の受講者数は、延べ1000人を超える。

-ブログ, 冬の養生, 自然界からのガイダンス

© 2023 すてらす 薬を売らない薬剤師・藤巻祥乃がご案内する漢方というライフスタイル