お問い合わせは随時受け付けております

ブログ 冬の養生 自然界からのガイダンス

2022年立冬の漢方養生と自然界からのガイダンス

 

藤巻
立冬の時期に健やかに豊かに暮らすための漢方の養生をお伝えします。
自然界からのガイダンスとは、メディスンカードを使って私が自然界と対話して受け取ったもので、心を整えるための内観ツールです。

 

立冬の漢方養生

立冬とは、11/7から小雪(11/22)までの期間。

漢方では、この立冬からの3か月間を冬と捉え、少しずつ秋の養生から冬の養生に切り換えていきます。

冬の3か月は、外側の陰の「氣」が徐々に強くなり、寒邪の侵入で身体が冷える季節。

しかし、地域によっては、この立冬の段階では日中の気温がまだ20℃前後あり、薄いシャツだけでも過ごせる暖かい気候です。

 

そんな中で自然界は、「ある事」に気づくように街中の紅葉という現象で教えてくれています。

そのある事とは、「朝晩と日中の寒暖差」です。

木々の色づきには寒暖差が必要なので、街中で紅葉しているということは、しっかりと朝晩が冷えている証拠。

日中の暖かさにだまされて、うっかり冷えないようにご注意ください。

なぜかというと、冷えは万病のもとだからです。

【関連記事】

なぜ「冷えは万病のもと」と言われるのか?

 

そこで、冬の養生は、寒さから身を守るために「氣」の消耗を抑えて、体の奥に収納、貯蓄しておくことが大切です。

「氣」の消耗を抑えるために自然界では、植物が葉を落としたり、動物は冬眠します。

私たち人は、動物のように冬眠をしないかわりに、陽である「氣」を食べ物や呼吸で積極的に補ったり、暖かい時期より活動を抑えてゆったりと過ごすことで、体内に「氣」を満たしておく必要があります。

この冬の養生を漢方では、「閉臓」といい、体内の陽である「氣」を外に漏らさないように臓器や汗腺を閉じます。

冬を丁寧に養生することは、冬の間に強くなる寒邪の侵入を防ぐだけでなく、自然界でいう「種を守る」=「生命力」を養うことにも繋がります。

自然界で「種」がしっかりしていれば、翌年もきれいな花が咲く。

つまり、冬の養生を大切にすることで、私たち人も生命力がアップし、何歳になっても元気で美しく歳を重ねられるエイジングケアに繋がるというわけです。

そんなことから漢方を武器にする単発講座「閉臓編」では、生命力を貯蔵している五臓の「腎」と関連する女性ホルモンの働きに注目し、更年期の不調を取り上げてエイジングケアと冬の養生をお話します。

詳細は、下記のバナーをクリックしてください。

 

また、外側の寒邪が侵入して身体が冷えるだけでも、何だか心が不安定になったり、体のさまざまな痛みが出て不安になることがあります。

冷えただけでも、心と身体の両方の不調に繋がることを知っていれば、要らぬ心配をしないですみます。

まずは「冷え」を改善するだけでも、心も身体もほっこりと緩んで整います。

 

ただし、季節からの影響という外側の寒邪は同じでも、身体のどの働きが弱くて寒邪が侵入するかは、体質ごとに違います。

・体に余分な水や老廃物を溜めて巡りが悪い
・体を温める力が弱くなっている
・体に届ける栄養が不足している
・体の緊張が強くて暖かさが届かないなど

 

一般的な冬の養生をしても、何だかあまり効果を感じられなかったり、春にいつも体調を崩すという方は、自分の体質に合った養生になっていないからです。

漢方を武器にしてしっかりと体質を診ていくことで、その人の体質に合った養生の仕方がわかります。

「漢方を学んだけど、上手く使えない!」というお話をよく聞きます。

それは、漢方を武器にするための「ある方法」を知らないからです。

漢方薬局で、のべ500人を超える患者さんを治療してきて、独立後1000名以上のお客様をサポートしている薬剤師で国際中医師の藤巻祥乃が発見したその秘密をおしえます。

 

2022年立冬の
自然界からのガイダンス

自然界と繋いでくれたアニマル達

【ウサギ】【カラス】【バッファロー】

 

あなたは、何か問題が起こった時に、不安や至らない自分への罪悪感で頭をいっぱいにしていませんか?

焦って不安という色眼鏡をかけたままで状況を見たら、真実を見ることは出来ません。

だから、問題が起こったら立ち止まり、勇気を出して自分の本音と向き合うことが大切です。

あなたは、いつもの日常を繰り返すことは、予測可能なので安全に感じるかもしれません。

でも、あなたの心も身体も、そして季節も常に変化しています。

自分では違和感があるのに惰性で続けていること、やってみたいと思いながら、何か理由をつけて先延ばしていることはありませんか。

変わろうとするのではなく、今の自分の感覚に合ったものを選択していけば、自然と変化を後押しします。

そして、自分ひとりで頑張ろうと手を握りこぶしにしていたら、今、必要なものが受け取れません。

あなたは必要な時に助けを求めることで、当たり前すぎて見えていなかったり、気づいていなかった事に気づく機会が訪れ、その変化が進んで新しく再生されます。

 

以上が自然界からのガイダンスです。

ぜひ、次の節気(小雪)まで意識してみてください。

次回の「自然界からのガイダンス」は、11/22(火)小雪にお届けします。

 

あなた専用の
「自然界からのガイダンス」

あなたのために今、必要なメッセージを受け取り、あなた専用の「自然界からのガイダンス」をメールでお送りするのが内観サポートセッションです。

自分自身で気づかなかったり、わかっているけど見ない事にしていた自分の心の内観にメディスンカードはとても役立ち、必要なことを気づかせてくれます。

心身一如で心を調えて自分らしく日々を送ることは、身体の健康のためにも、とても大切。

 

詳しくは、下記の個人セッションページの内観サポートセッション「自然界からのガイダンス」をご覧ください。

個人セッション

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤巻 祥乃

すてらす代表 薬を売らない薬剤師、国際中医師、漢方エッセイストとして活動。講座では、本格的に漢方を学びたい主婦、会社員という一般の方から漢方でお客様の心も体もケアしたいセラピスト、薬剤師、歯科医師などの専門職の方に向けても専門的なアドバイス、サポートをしている。 「難しい漢方用語が翻訳でわかりやすい」「漢方は難しいと思っていたけど、わかり出すと面白くて使える!」というお声をいただいています。個人セッション・講座の受講者数は、延べ1000人を超える。

-ブログ, 冬の養生, 自然界からのガイダンス

© 2022 すてらす 薬を売らない薬剤師・藤巻祥乃がご案内する漢方というライフスタイル