すてらすについて

薬を売らない薬剤師、国際中医師の藤巻祥乃が、幸せで豊かな生活を送るための知恵でもある漢方を通じて、わくわく養生をお伝えしているのがすてらすです。漢方とは、漢方薬のことだけではありません。心と身体からの声を読み解く知恵であり、ライフスタイルでもあります。漢方塾、個人カウンセリング、漢方講座を通して、あなたが本来の自分に戻ることで健康で美しく幸せに暮らすお手伝いをしています。

すてらす代表・藤巻祥乃(ふじまきよしの)

薬剤師、国際中医師、フードコーディネーター

 

日本大学理工学部薬学科卒業後、製薬会社で医薬品の臨床開発に携わっている中、自分自身の繰り返し出来てしまう卵巣嚢腫や子宮内膜症で中医学と出会う。その素晴らしさや必要性を痛感するに至り、北京中医薬大学日本校に通って国際中医師を取得し、著名な漢方薬局で8年間多くの患者さんの漢方カウンセリングをしてきた。

 

そんな中で、単に薬に頼るだけでなく、日々の養生や心のケアをもっと大切に扱うことを伝えたいと感じ、2014年から薬を売らない薬剤師として、奇跡のコース(※)の世界観をベースに、個人カウンセリング、セミナー講師として活動を開始した。その人自身が持つ本来の「素」を照らすことで、本来の自分に戻り、健康で美しく幸せに暮らすことを多くの人に伝えている。

 

自身のブログ「心と身体のライフスタイル漢方」では、日常に活用できる漢方の考え方やセルフケアを日々発信中。話を聞いた方々からは「まるでヒーリング」「祥乃さんが伝える漢方は、祥乃さんの在り方そのもの」と祥乃独自の漢方ワールドを感じて頂いている。

 

(※)奇跡のコース
A Course in Miracles 「奇跡のコース」は、コロンビア大学臨床心理教授であったヘレン・チャックマン氏がイエス・キリストから受け取ったガイダンスを書き取った文章で1976年に出版された。20か国語に翻訳され、累計販売数は200万部以上である。

「すてらす」とは

木漏れ日すてらすとは、その方が持っているありのまま「素」を照らすことで本来の自分に戻り、人生を健康で幸せに暮らしてほしい願いからつけました。

 

人はそれぞれ素敵な個性を持って生まれてきます。そのことで幸せを感じることもあれば、他人との違いで勘違いして苦しくなることもあります。

 

例えば、静かな性格の人が華やかな人をみて、自分も「そうならなければならない」と思うと「素」の自分から離れていくので心のバランスがくずれます。心のバランスがくずれると身体のバランスもくずれていきます。それは、「心身一如」という考え方で、心と身体は密接に繋がっているので、心のバランスがくずれると身体からの声が聞こえなくなるからです。

 

漢方では、心と身体のバランスが崩れた時に不調や病気というサインを受け取ると考えています。漢方は心と身体からの声(サイン)を読み解く知恵なので、漢方を使って自分の心と身体がどんな状態なのかを知ることができます。地図でいうと、現在地がわかるようなもので、現在地がわかれば、目的地に向かって歩く方向がわかります。

 

すてらすは、漢方を使ってあなた本来の「素」を照らすことで、本来の自分に戻り、健康で美しく幸せに暮らすことをサポートします。

藤巻祥乃からのメッセージ

私が小さい頃に祖父が病弱で入退院を繰り返したり、早くに父をガンで亡くしたり、主人が父と同じ歳に同じ病気にかかったり、自分自身も子宮内膜症、激しい生理痛、卵巣嚢腫、不妊、花粉症、めまいなど、いろいろな病気や不調を経験してきました。

 

本来、私たちの体は健康で生まれてきます。しかし、毎日の生活習慣(行動パターン)や思い癖(思考パターン)から少しずつ重りをつけてしまい、バランスをくずし、不調や病気が現れます。

 

例えば、私自身が経験した卵巣嚢腫の場合、嚢腫はある日突然できるのではなく、長い年月かけて少しずつ大きくなります。原因は、その人が「卵巣嚢腫ができやすい体質」であるという点と、暴飲暴食や夜更かしなどの生活習慣やストレスをため込むなどの心の持ち方が深く関係しています。

 

多くの場合、外科手術で嚢腫部分を取り除いた後、体調が戻って元気になると以前と同じような生活に戻ってしまい、また嚢腫が再発するという道をたどる方が多くいます。私自身もそうでした。

 

製薬会社で西洋薬の良いところも悪いところも見てきて、漢方薬局で8年間多くの患者さんのカウンセリングをして漢方薬で治療してきた経験から単に薬に頼るだけでなく、生活養生や食養生といった生活習慣や心の持ち方を見直す大切さを痛感しました。

 

薬で治っても生活習慣や心の持ち方を見直さないと、また同じ不調や病気になってしまいます。

自分の心に素直に従うこと、体質にあった生活をすることこそが「養生」だと思っています。多くの方は「養生」というと修行僧のような質素で完璧な生活を想像しますが、私がお伝えするのは、わくわく養生です。完璧を目指す必要はないのです。ご自分の心と身体がわくわくするような事を少しずつ取り入れ、日々積み重ねていけばよいのです。生活習慣や心の持ち方を見直すことで、本来の自分に戻り、豊かで幸せな生活を送ることそんなサポートをしています。

 
ページトップにもどる